■プロフィール

あうあう

Author:あうあう
山登りのトレーニングで
始めた自転車でしたが
すっかりハマりました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小豆島一周
春の三連休です。
例年ならば山スキー三昧な日々ですが
今年はもろもろの事情により遠出ができず。
それでも1日自由に使える時間を手にいれました。

ならば、前々から気になっていた小豆島に行こうではありませんか!
こてっちゃんを誘ってみると、悪天で予定が流れたとのことで
御一緒することになった。

さて、当日の深夜に姫路港に到着。朝まで仮眠をとる。
車はここに留め置きし、自転車をフェリーに積み込む。
大人1名+自転車1台で1,900円なり。
7:15発の小豆島行きのフェリーに乗って福田港に向かう。
3連休の初日だけあってまずまずの混み具合。
船は1時間40分で福田港に到着した。
P3207861_convert_20100321234634.jpg
8:55頃に福田港到着

港で出発準備。ドリンクを買ったりしながら、だらだらとウォーミングアップ。
さて出発! と思いきや、僕のサイクルコンピューターがまったく動かん。
あーだこーだといろいろ触りまくるがあきらめました。がっくし。
てなわけで結局9時半くらいの出発になる。

今日はお天気が下り坂なので午後からの空模様が気になる。
先を急ぎましょう~
時計回りでほぼ海岸線を走る計画だ。

福田港を出るとすぐに登りになる。あ~しんど。
身体があたたまらんうちにひと仕事ですな。
言うてる間に下りになりまた海岸線に戻ると次の集落。
そしてまたまた登りに。海岸線をのんびり走らせてくれない島だ。
こてっちゃんは昨年の佐渡以来の自転車とのことでひーひー言うてはる。
橘の集落を過ぎると本日最初の山場、橘峠への登りだ!
と、気合い入れて登るもあっけなく峠に到着。
P3207864_convert_20100322000051.jpg
こてっちゃんも橘峠に御到着

さてここから国道436号を離れて南へ走る。
道は一車線になるも整備されてるので走りやすい。
何よりもめったに車が来ないの良い。
適度なアップダウンを繰り返しながら走っていく。
最初の目的地である大角鼻に到着。
P3207866_convert_20100322000730.jpg
大角鼻の灯台

続きまして半島の西側を走って坂手港へ向かう。
こちらも走りやすい道で問題なし。
坂手港を通り過ぎて少し行くと田ノ浦岬方面への分岐。
っていうか有名な二十四の瞳映画村方面って言うた方がわかりやすい。
道路は半島の西側にしかないのでこちらをピストンすることになる。
ここは観光地だけあって道もほぼ2車線。
穏やかな海を眺めながら走っていくと観光地らしきものがあった。
P3207868_convert_20100322001433.jpg
二十四の瞳の舞台である「岬の分教場」とのこと

そこからすぐに「二十四の瞳」の映画村に到着。
興味深いが入場料がいる時間がないのでパス。
P3207869_convert_20100322002056.jpg
とりあえずボンネットバスと記念撮影。

さてそこから権現鼻に向かうが、なんかエライ坂を登らされたあげく迷う。
結局、別荘地をうろうろして引き返した。30分ほどのロスタイムか。
だいたいこのあたりを総括して田ノ浦岬と言うらしいし。
来た道を戻り再び国道436号に合流。
内海のコンビニで休憩タイム。

お次は中盤の山場。なんかあやしげな半島を目指す。
あやしげってのはアップダウンがありそうな雰囲気ってこと。
草壁港を通り過ぎオリーブ公園のあたりでまた国道436号を離れる。
しかし覚悟していたほどのアップダウンもなくどんどん南下。
いったん県道250号と合流し引き続き南下。
そして県道250号を離れるとすぐに勾配がきつくなる。
ヒーヒー言いながら登り切りやれやれと言い終わらないうちに
またまた傾斜がきつくなる。今度は長いし~
完全に油断してたので気おくれ気味でよれよれと登っていく。
なんとか登りきると今度は下り。下る途中で地蔵崎灯台への分岐があった。
P3207873_convert_20100322004537.jpg
小豆島最南端

ここで逆回りのロードの方とすれ違った。
この方とは帰りのフェリーでも一緒になった。
さて地蔵崎からはどんどん下っていき半島の西側はラクショーかと思いきや・・
なんか東側よりアップダウンが多いし~
だらだら走りすぎて予定よりも遅れ気味のようだ。
池田港を通り過ぎてアップダウンをひとつこなすと土庄の街に入る。
ここのコンビニで休憩。

いよいよ南側最後の岬めぐり。
こちらはそれほどアップダウンもなく道も広い。
どれが岬かわからんがとりあえずそれらしい場所で自転車を止める。
GPSを見ると戸形崎。まあここでいいか。
岬の突端には行けないが手前に戸形小学校があって
うみがめの石像があったので記念撮影。
P3207877_convert_20100322010145.jpg
ここで良し

半島の西側を走り土庄港まで戻る。
ここではお約束の記念撮影。
P3207879_convert_20100322010351.jpg
平和の群像

で、土庄名物のもうひとつはギネス認定
世界一狭い海峡の土渕海峡てなわけです。
P3207880_convert_20100322010818.jpg
ということはさっきのは半島じゃなく島なのか・・

あとは福田港を目指すのみ。
土庄港からは県道253号で海外沿いを北上。
この道も微妙なアップダウンがあって疲れた足にはこたえる。
県道26号に入って少し走ると道の駅「大阪城残石記念公園」。
資料館があったので少し見学。
P3207882_convert_20100322011539.jpg
これで大きな石を動かしていたとのこと

さて、ここから福田港まで10kmちょっと。
途中、アップダウンがいくつか出てくる。
天気もどんどん下り坂で南風が強まる。
幸い向かい風の時は下り坂でたすかった。
福田港には16:20ころに到着。
走行距離は110kmくらいだったがアップダウンが多く
淡路島よりも走り応えがあったような。

17:15発のフェリーで姫路港に向かう。
帰りは風が強まったので波が出て揺れたが去年の佐渡の時にくらべたら
大したことはない。
それよりも波のしぶきが車載エリアにも入ったのか
自転車が塩水の洗礼を受けたような気配あり。かなしいわあ。

100320_convert_20100322231451.jpg
GPS軌跡です


2010年3月20日

走行距離     114.64km

↑サイクルコンピュータが機能しなかったので
 こてっちゃんの記録です。

スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

自転車(サイクリング) | 01:28:29 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。